お知らせ

info

今回は、工程現場で行っている出荷のリカバリー事例について、ご紹介します。

 

先方から頂いた梱包資材や拡材が想定と違い、出荷が行えなくなった経験はありませんか?

 

そんな時に工程現場では、違うから作業出来ないと言うのではなく、

工程現場では代替案を提案しております。

 

直近で発生した事例をご紹介致します。

 

こちらの事例では、クライアント様が発注した箱に

商品を入れた際に箱に綺麗に入りきらず、少し箱が盛り上がってしまうというものでした。

 

この状態ですと、封を止めることはできますが、勝手にテープが剝がれ、

封が空いてしまいます。

 

そこで行ったのが、中身を変えるのではなく、梱包に使用するテープを変更致しました。

 

普段使用しているのが、幅5㎝のテープですが、

封を開かないようにしっかり止める為に、幅7㎝のテープを使用しました。

たったそれだけの変化ですが、それによりスケジュール通り作業を行う事が出来ました。

 

こちら以外にも様々な事例で工夫して、リカバリーを行っております。

 

みなさんが弊社の商品を購入した際に、いつもと違う梱包がされていたら、

それは私たちの工夫の跡かもしれません。

 

////////////////////////////////////////////////////
株式会社学研ロジスティクス
東京都品川区西五反田二丁目11番8号

◎通販物流・越境EC・フルフィルメントは学研ロジにおまかせ
◎関東・関西・九州 全8拠点で日本全国をカバー
◎24時間365日対応可能 お気軽にお問合せください
お問い合わせフォームは▼こちらからどうぞ▼

>>通販物流サービスはこちら
>>フルフィルメントサービスはこちら
>越境ECサービスはこちら

通販物流・EC物流・フルフィルメントサービス
越境EC・物流センター・倉庫
アパレル、雑貨、化粧品、エンタメ商材、出版物
///////////////////////////////////////////////////////

TOP